1.研究・情報交換・交流事業

加工・業務用野菜等の普及・拡大のため、必要に応じ各種イベント等に協賛・賛助・協力等を行うと共に、広告掲載・展示会への出展等を行う。

1)当協議会が「特別協力」する「食品の総合展示会(惣菜JAPAN2021)」へ野菜流通カット協議会として2小間の出展参加を行う。
令和3年10月27日~29日・・・・・東京ビッグサイト 青海展示棟

1

2)JA全農との合同商談会(情報交換会)の実施。
協議会会員とJA全農関係者が組織的及び広範囲にマッチングができるきっかけとなる合同商談会(情報交換会)については、コロナ禍の中で、どの様に実施可能かを検討予定。

3)農林水産省 生産局 園芸流通加工対策室との意見交換会の実施。
加工・業務用関連の次年度以降の補助事業への政策要望を踏まえた意見交換を、当協議会会員と園芸流通加工対策室との間で実施する。(令和3年12月9日実施予定)

2

4) 関係省庁・関係団体と連携し、情報収集を行い会員へ適時提供する。
関係行政機関、関係諸団体等からの情報収集を行い、会員への情報提供を実施する。

2.研修会

1)海外現地研修会・・・・・平成31年度まで毎年実施してきました海外現地研修会は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、やむを得ず昨年度に引き続き今年度も中止とさせていただきます。

 

2)国内現地研修会・・・・・視察先:静岡県磐田市の太陽光利用型植物工場2か所。
『TEN Green Factory(葉菜類)』、及び『スマートアグリカルチャ磐田(パプリカ他)』において、圃場・植物工場見学や、参加者との意見交換を行う。(令和4年1月実施予定)

4

3)「水田農業高収益作物導入推進事業(全国推進)」における現地検討会等への参加

(1)加工・業務用野菜の現地検討会
❶ かぼちゃの機械収穫実演会・セミナー・・・1地区開催
実施場所:北海道管内予定    実施時期:令和3年9月頃
❷ 加工・業務用野菜の先進地視察及び契約取引等に関するセミナー・・・1地区開催
実施場所:九州地区予定     実施時期:令和3年12月頃
❸ 最新鋭の機能を備えた物流センター視察及び関連セミナーの開催・・・1地区開催
実施場所:未定      実施時期:令和3年11月頃

5

(2)加工・業務用産地と実需者との情報交換会セミナーへの参加
「食品の総合展示会2021」(惣菜JAPAN)会場内でのセミナー・意見交換会
(令和3年10月28日実施予定)

6

(3)水田農業高収益作物導入推進事業(全国推進)の事業成果発表会への参加
当協議会が事業実施主体である水田農業高収益作物導入推進事業(全国推進)の
事業成果発表会 (令和4年2月25日実施予定)

7

3.調査事業

1)需要が伸びている国産冷凍野菜や冷凍果実の実態調査を行い、市場規模等も明らかにする。

2)関係省庁・関係団体と連携し、情報収集を行い会員へ適時提供する。関係行政機関、関係諸団体等からの情報収集の実施。

3)(一社)日本施設園芸協会主催の「令和4年度 園芸関係政府予算案等説明会」への参加。(1月)

4.その他

1)野菜流通カット協議会の令和3年度版専用パンフレット作成を行う。
協議会の活動内容、事業計画、当協議会が事業実施主体の農林水産省の補助事業の実施内容などを掲載し、新規会員募集DM、食品の総合展示会(惣菜JAPAN2021)等の展示会、各種の加工・業務用セミナーなどを通じて広く一般に告知予定。

pdf_dl-1

 

 

2)野菜流通カット協議会のホームページの継続したメンテナンスを行う。
現行のホームページを継続的に見直し、活動内容・会員紹介・入会案内等について最新情報の掲載を行い、関係機関・関係者等へ広く発信できる体制を図る。

3)野菜流通カット協議会会員募集を行う。
全国のデータベースのある実需者等(含む、カット野菜製造業者)に対して、当協議会への入会募集の案内活動を積極的に展開する。

4)野菜流通カット協議会が事業実施主体の水田農業高収益作物導入推進事業(全国推進)を適切に実施する。