当協議会は、消費者に信頼されるカット野菜の提供を行うため、ここに行動計画を策定し、皆様に具体的取組みをお約束します。

 

信頼性上自主行動計画

 

食品に対する不祥事が頻発し、消費者の信頼を得る法令遵守が強く望まれています。

青果物カット事業者に於いても、法令遵守に向けた対応により、消費者の信頼を確保する取組みは極めて重要であります。

当協議会の会員は、青果物の流通・加工業者及びその関連事業者等から成り、国民の食生活の向上に寄与しながら、青果物のカット事業の発展を図る種々の取組みを行って参ります。

カット野菜の食品としての安全・安心のため品質向上を図り、消費者に信頼されるカット野菜の提供を行うため、ここに行動計画を策定するものである。

1.当協議会会員に対し「食品事業者の5つの基本原則」の周知を図り、各会員が消費者の信頼を確保、向上するための取組みを支援する。

2.コンプライアンス体制の構築の必要性について、諸会議や催事等を活用して継続的に周知徹底を図る。

3.カット野菜の品質向上に向けた事業活動を行う。

4.目標達成のため、行政機関の支援のなか、緊密に情報を共有し積極的に取組む。

 

具体的取組み・方針

基本原則 1

消費者を基点として、消費者に対して安全で信頼されるカット青果物を提供することを基本方針とする。具体的には、消費者にこのことを明確に示し、消費者が必要とする各種情報を提供する。安全と品質確保の継続につき、その重要性を社内へ浸透させ、取組点検・検証・改善等を実施する。

基本原則 2

取り巻く社会環境の変化に適切に対応し、法令や社会規範を遵守し、社会倫理に沿った企業活動を進める。具体的には、経営者による強い意志表明、経営者が先頭に立った改善、社内教育・訓練・研修等を実施する。

基本原則 3

安全で信頼されるカット野菜を消費者に提供するため、適切な衛生・品質管理を行う。

基本原則 4

適切な衛生・品質管理を行う体制を整備し、それが形骸化しないよう改善を行う。具体的には、カット野菜 製造等に関わる衛生管理マニュアル等によりカット野菜の品質管理水準の向上に努める。

基本原則 5

消費者などの信頼や満足感を確保するため、常に誠実で透明性の高い双方向のコミュニケーションに努める。